ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
奥様のお誕生日へ 旦那様とお子様から
a0042928_20413451.jpg


それは、何年前,
2009年、2008年・・・と
さかのぼって資料を探す、
当時のご新郎様から、当時のご新婦様への
お誕生日の花束です。

もう今は二人のお子様がいらして、
大きい方は何歳になりました、
小さいほうはいくつです、と
ご新郎様、今はそのご主人さまから
近況報告のお写真付きでいただく、
奥様へのお誕生日ギフトのご依頼。

受け取った奥様から、即日にメールをいただいて、
「さぞかし忙しいこのシーズンに
岩橋さんにご迷惑をかけたのでは、
嬉しいけれどもそちらが心配」

と、優しい言葉をいただきます。

いいえ、お母様ともども
そのご結婚式からずっと
一会に花を頼んでくださるご家族。

結婚式のお花は一度だけなのに、

こうして何年も後に、その時のご新郎様が
「そうだ奥さんに花でも贈ろうか」と思い立ったときに
思い出してもらえる、花屋であること。
「妻は結婚式の花をとても気に入っていましたから」と
そのメールに書き添えてくださること。

そのご主人さまから
ご依頼のメールにさらに後日、追伸をいただいて
「子供の名前と連名にしてもらえますか?」

さらに直前にメールをいただいて、
「その日は実家に行くようなので、すみませんが実家に変更してもらえますか」

きっと大変たいへんというような、
でも少しでも喜んでもらおうという、
ご主人さまの気持ちに、
ほっと温かくなりました。


そんなお仕事をさせていただいたことが
今、なんとか一会を続けていられる最大の糧だと、
心から思うので、

地味な記事だと思うのですけど、
ここからせめて一片の感謝をお伝えしたく。


そうだよ、自分はこういう仕事をしたかったんだ。
と繰り返し思う。
年間に何千件とか、華々しい活躍とかに憧れる、
でもこういう、仕事をさせてもらった人の記憶にずっと残るよな、
そんな仕事をしたかった。
今も、そうです。



では皆様今日もお疲れ様でした。



一会facebook https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2014-06-02 22:39 | ギフト | Comments(0)
<< 春から初夏への装花 マーガレッ... 新郎新婦様からのメール 6月の... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。