ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
クラッチブーケ ホテルニューグランド様へ 分銅
a0042928_20391911.jpg


横浜、ホテルニューグランド様へお届けしたブーケでした。

a0042928_20385821.jpg


ナチュラルだけど草花じゃない、

ミックスカラーだけどパステルじゃない、

かっこいいけどスタイリッシュじゃなくて



花嫁様は最初から何も迷わず、
きびきびと意思を持って自分に言います。

「つまり、パンチの効いた感じなんです。」




帰られた後に、
「一会にはちょっと珍しいお客さんでしょうか」、
と、新人のアシスタントさんが言いますが

確かに一会において
ふんわりロマンティックなブーケも
繊細な草花たくさんのブーケもそれぞれ特徴ではありますが、
実は個人的には、
こういうオーダーも、そして花嫁様も、
すごく好きです。

なんとなくだけど
きっと頭のきれる人なんだと思う。
と、アシスタントさんに演説。

潔くって、素敵です。
よくぞ、一会を見つけてご注文くださいました。


a0042928_20394440.jpg


お届けしたアシスタントさんが言うには
イメージ通りだと、喜んでくださったそうです。
よかった。

ナチュラルだけどナチュラルすぎない、
甘くないけどスタイリッシュじゃない、

たくさんの弧を指先に乗せて、ちょうどの重心を探る作業。

バランス。

つり合いがとれること。

花嫁様の描く、まだ見えない、
でも確固たるイメージを差し向かいに置き、
そこに釣り合うように分銅をひとつずつ、
息をつめてピンセットで乗せていく。

そんな仕事です。


そもそも、何かを、とてもとても好きだ、という反対側には
同じ量の、何かをとてもキライだというはっきりした決意があって、
それでこその「好き」だと思う。


夏痩せて嫌いなものは嫌いなり 鷹女


そう言い切るのは勇気がいるけど
あれが嫌いと言い切ってこそ、それで嫌われてこそ、
胸を張って自分はこれが好きだ、と言いきりたい。


自分は花が好きだし、この花の仕事が好きです。







でも経理は嫌いで苦手ですとも。
おうともさ。

では皆様今日もお疲れ様でした。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
リンク貼り担当:アシスタント山田花子のプチ情報♪

こちらのブーケをお持ちになられた新婦様の贈呈用花束の記事はこちらです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


一会facebook https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo


by ichiecd | 2014-03-08 21:04 | ブーケ | Comments(0)
<< プリザーブドフラワーのブーケ ... 12ヵ月のフラワーアレンジ*バ... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。