ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
新郎新婦様からのメール たなばたのころ お任せで シェ松尾青山サロンさまへ
a0042928_18593431.jpg


それは七夕のころのご結婚式でした。
長い、長いメールをいただいて
どういうふうにご紹介しようと思いながら
しかしもう少し余裕が、時間があるときでないと、と先延ばしにして、
こんな年末になってやっと今日、ご紹介させていただきます。

打合せの折にいただいたたくさんの資料、
でもその途中何度も繰り返し書かれていた
岩橋さんにおまかせしますというひとこと。
2013年、記憶に残るお仕事をさせていただきました。

お顔写真は恥ずかしいのでということで
いくつかの装花の写真と文章を許可をいただいてご紹介させていただきます。

念の為、先回りして申し上げておくと、長いですよ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
a0042928_531556.jpg

1.ブーケ
二つのブーケを作っていただきました。
当日は、関東地方が梅雨明けして、今年最初の夏の日になりました。
それにぴったりの一つ目の爽やかな白のセミキャスケードブーケは、
青、緑、黄色がポイントになっていて、全体的に白いイメージの教会の礼拝堂に
とってもよく映えました(写真でご確認いただけると思います)。
ウェディングドレスが割とシンプルなデザインでしたので、
打合せのときにブーケは動きを感じるようにしましょう、とお話しして、
ワイアープランツ(←合っていますか?)を入れていただいたのが効いていました。
教会からレストランへの車移動中、何度も覗き込んでは少し揺らしてみたり、
とにかくじっくりと味わっていました。
a0042928_1961545.jpg

二つ目は大人っぽいピンクのラウンドブーケです。
もともと衣装はウェディングドレス一着で通すことを決めておりましたので、
お花やヘアスタイルでどんな風にイメージチェンジができるか楽しみでした。
届いたブーケは、単にピンクといっても様々なニュアンスをもった
バラがたくさん入っていて、でも全体としては「大人っぽいピンク」という
一つのイメージにまとまっている、というさすがのブーケでした。
新郎のベストの色に合わせていただきたいとお願いしましたが、
とてもマッチしていましたし、なによりも一つ目の爽やかなブーケと
大きく変化がついて、夜に差し掛かった披露宴後半のムードを
一層盛り上げてくれました。
a0042928_533844.jpg

一つ目のブーケは私の妹に、二つ目は新郎の妹に渡しました。
二人とも「想像していなかった」という風で驚いていましたが、
とても喜んでくれました。彼女たちに幸せが訪れるようにと祈ります。


2.会場装花
a0042928_544489.jpg

(梅雨明けになるとは想像していなかったため)当日は雨かもしれないので、
会場には緑をたくさん入れて「大人爽やか」なイメージでお願いします、
とわかりづらいオーダーをしたのですが、エントランスから始まり、
メモリアルテーブル、メインダイニング、デザートビュッフェのテーブル、
ケーキの装花、黒ヒョウさんたちの衣装まで、実ものもたくさん入れて
イメージを実現してくださいました。なにより驚いたのはその色です。
爽やかなイメージということで白や黄色などが入るのかなと
勝手に想像していましたが、なんとピンクや紫が多く入っていました。
そこに、打合せの時に「七夕の前日の結婚式なので
装花の中に星のモチーフをさりげなく取り入れましょう」ということで
入れることをきめたブルースターやアジサイ(であっていますか?)の青。
どれも見たことのないような、
そして言葉で表現するのが難しい淡い色の花々でした。
a0042928_1972394.jpg

新郎は、ゲストの方が「これまでの結婚式でみたことがない」と
思ってくれるような色遣いなどオリジナリティーのある
会場装花にしたいという希望をもっていて、
遠慮がちにそのことを岩橋さんに少しお伝えしました。
a0042928_1992233.jpg

「たとえばなかなかない青い花を入れるとか」という話と
七夕のモチーフでブルースターのアイディアにつながりましたね。
実際に自分がこれまでに出た結婚式や装花の参考として
見た雑誌などでもみたことのない色合いの、
素敵な装花にしていただきました。
a0042928_541850.jpg

ただ一つ心残りなことは、新郎の希望でお願いした
お化粧室の装花を見られなかったことです!
さすがにトイレの写真をとっていらした方もおられませんでしたので
見ることができませんでした。。。せめて話だけでも、とご覧になった方に
ヒアリングしたところ、試験管のような器にお花が活けてあって
とても素敵だったということでした。
どんなお花がどんな風に飾られたのでしょうか。
いつかおしえていただけたら嬉しいです。

a0042928_1985516.jpg

3.ウェルカム・ボード
私の妹が作成したボードの周りの装花をお願いしました。
教会からレストランへの移動時に壊れないように
しっかりと固定するほうがよいこと、
生花よりも軽いとのアドバイスをいただいて
プリザーブドで作っていただきました。
装花に使われた緑の小さな葉と赤い実。
よく見るとそれは妹がボードに描いた絵と同じではないですか!
妹もそれに気づいたようで、じっくりとボードを見て考えてくださったのだな、
と二人で感激しておりました。今は我が家に大事に飾っています。


4.両親へのリース
一会さんのHPを拝見していて、両親への花束贈呈では
プリザーブドのリースを渡そうと決めました。
二人の母をイメージし、やわらかくかわいらしいイメージでお願いしたところ、
淡いピンク、緑、白のすてきなリースを作ってくださいました。
先日実家に帰りましたら部屋のドアに飾ってあり、とても嬉しく思いました。
a0042928_555446.jpg


5.リングピロー
こちらもプリザーブドで作っていただきました。
教会での挙式で使用した後、レストランの受付に飾りたいという要望を受けて、
立てかけられるタイプのものにしてくださったのだと思います。
お花のリングピローを初めて見た!素敵!という声を
いくつも聞いて嬉しかったです。こちらも今は我が家に飾っています。
a0042928_553838.jpg


6.ヘアパーツ
ボンネのスタイルからイメージチェンジ後は花をつけたい、
ということで二つ目のピンクのブーケに色を合わせて作っていただきました。
たくさんのパーツを作っていただいたので、
ヘアメイクの方ができるだけつけてくださいました。
それでも使いきれなかった小さなパーツを披露宴後につけてくださり、
家に帰るまで楽しみました。
ドレスは一着でも、ブーケと共に全く違う雰囲気を作り出すことができて、
イメージチェンジは大成功となりました。

a0042928_1983116.jpg

岩橋さんとの打合せの前に、何をどうお願いしようかとあれこれ考えました。
そして結局、これまでたくさんの結婚式を演出され、
会場も熟知していらっしゃる岩橋さんにお任せするのが一番との
考えにいたり、大まかなイメージなどはお伝えしましたが、
花材の指定はせずに一任しました。
二か月前のあの日を思い出す時、お花のあるシーンが
結婚式の思い出をより鮮やかにするということに気づくと同時に、
私どもの結婚式のためにもっとも良いものを、と考えてくださったことを思い、
ありがたい気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長い、長いメール。

私としては仕事なので、
それなりの対価をいただいて仕事をしているだけです。
それなのに、
こんなにも長い長い言葉でこんなにおっしゃっていただけるということに、
はじめて、ここに、この場所に、自分の存在意義があるんだな
と、思います。

花の仕事をはじめたころ、花が好きではあったけど、
それで食べていくなんてできるんだろうかと、不安でいっぱいでした。

「この程度の花ならできる人は山ほどいる」と面と向かって言われたことも
ありますし
、そう直接いってくれた人はむしろずっと親切だったのかも、
と今やっと気づいております。

でも世界中のすべての人から「おまえには無理だ」と言われても、
自分は、片隅でいいので、この仕事で食べていきたかった。

人よりは少し花が好きだ。という自分の方向性を
少しずつ伸ばして、少しずつ磨いて、
見ず知らずの方から、今こうしてお金を払ってなお、
こんなにも長いメールをいただけること、

花という仕事が、この途方もなく広い世界の中に
文字通り、立って半畳というようなほんの一人分の自分の立ち位置を
確保してくれていることに、感謝します。
a0042928_563161.jpg


たくさん一会のブログを読んで岩橋さんにまかせようと思いましたと
おっしゃってくださった花嫁様は
とてもとても愛らしい方でした。

あの日、お打合せの場で、繰り返し書かれた
「おまかせします」と書かれた文面を今も目の前に思い出します。

ありがとうございました。

ここから、深い深い感謝を。


ご縁をとりもってくださった、ご紹介くださった
プランナーのS様にも深い感謝を申し上げます。



では皆様今日もお疲れ様でした。



一会facebook https://www.facebook.com/ichie.WeddingBouquetTokyo
by ichiecd | 2013-12-30 19:16 | 会場装花 | Comments(1)
Commented at 2013-12-30 21:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 今年も ウエルカムボードの花 妹様手作... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。