ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
10月 一会定期スクール シェアして持ち帰りができるゲストテーブル
a0042928_21422231.jpg


うーむと唸るほかない、最優秀賞。
ルーブル美術館で見た、花の絵を思い出します。

a0042928_21431645.jpg

一会の定期レッスンは少人数制で

a0042928_21412967.jpg

何年たっても資格もお免状もありませんが

a0042928_2140361.jpg

何年も通ってくださる生徒さんの面々は
仕事のできるOLさんや
弁護士さんやベテランの添乗員さんや大学の講師の方のほか、
実は花屋さんです、という方も結構います。

a0042928_2140068.jpg

アシスタント新人さんの
「同業者の人多いんですね!
技術を盗まれたりして困ったりしないんですか?」
という、直球すぎる質問に
えーっと。
返答に詰まる。

a0042928_2139369.jpg


うーん、なんというか
私はここで講師として
技術とか手先のテクニックを教えているわけではないのです。


a0042928_21385014.jpg


自分では、「調律」のようなものだと思っています。

仮にいま、素晴らしい、絶世の名ピアニストがいて、
シェ松尾青山サロンのスタインウェイみたいな
素晴らしいピアノがあって、
でもその二つをつなぐために絶対に必要な、
調律の作業。
音が狂っていたら両方とも、その素晴らしさを生かせない。

あるいは、ギアがかみあう調整のようなものです。
なん百馬力、というすごいエンジンがここにあって、
ものすごく高性能の車のボディとかタイヤがあって、
でもギアがうまくかみあわなかったら
スピードがいまひとつでないので、
もぐりこんでちょっとネジを巻いたりゆるめたりするような。

(・・・わかりにくいですか?
そうですか。
すみません。
だから、余計ややこしくなるようなたとえをするなと。)

ほんの少しだけ直したら、劇的によくなる。
という経験を何度もしました。
講師は、調律するだけです。
とてつもない馬力と、その人だけの息をのむほどの
花に対する感覚を、結ぶだけ。


さらにいうならば、
それは本人が自分で苦悩の末に
はっと気付くのが、当然ながら一番いい。
a0042928_2234771.jpg


多くの場合、よそから言われたこと(たとえ講師でも)よりも
自分で苦しんで、迷って、悩んで
そうこうするうちにふと天啓のようにひらめいたもののほうが
その後、力になるにきまっています。

だからずっと見守るだけ、なるべくぎりぎりまで口を出さずに
じっと見てるだけのレッスンです。

生徒さんがご紹介くださった記事のお礼をこちらで。

横浜 暮らしのお花教室  Flower note
http://ameblo.jp/flower-note/entry-11622150916.html

a0042928_2145518.jpg

最優秀と最後まで迷った作品。
しかし何度も過去に書いたように、
この選考は花だけではなく、これを撮ってる
岩橋自身の写真の腕によります。

数日前のASOのブーケ
写真の加工が自分でも今一つで、つまり本物のほうがずっといいのにと
思っていて、もう一度ちゃんと写真を選んで追記します。

最初に掲載したのは、納品直前の写真。
でもやっぱ慌ててて、よく撮れていません。先ほど追加した写真は、前日のものです。
ブーケの完成度はいまひとつだけど
こっちのほうが、このブーケのいいところを撮れてるのかも。

花という、命が短いものを扱うときに
それをその場で見ていただけない人に伝えるために
写真、は本当に大事です。
精進します。

11月26日のフォトグラファー山本先生をお招きしての
花とカメラのレッスンは、残席わずかとなりました。

a0042928_21444035.jpg


持ち帰るのにひとつずつ丁寧に
花を束ねている生徒さん。
本業はものすごく忙しい人は無論別として、
花が上手な人ほど、こういう作業が美しいのです。
花を持ち帰るときになって、
「あ、大丈夫です持ってきましたから」と
普通にぼろぼろのセロファンを持ってきて、
広げて、丁寧に包んでくださいます。

感動します。
講師としては。



一会の定期レッスンの詳細はこちらです。


では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2013-10-24 22:45 | ブーケ&装花スクール | Comments(1)
Commented by Flower note at 2013-10-29 14:42 x
先日はレッスンで大変お世話になりました。
そして記事へのリンクもありがとうございます。
一会のレッスンは先生の「調律」という言葉が本当にぴったりです。
来月も楽しみにしています。
<< プリザーブドのラウンドブーケ ... バスケットブーケ 絵本と収穫祭... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。