ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
クラッチブーケ アメジスト 淡い紫のアジサイだけのブーケ ホテルニューオータニ様へ
a0042928_18583619.jpg


ラベンダーカラー、ライラックカラーというような
淡い紫だけの、アジサイだけのブーケ。
ニューオータニ様へお届けしました。

色も花も、厳密な指定があるのですから
当然ながら、市場に発注していたのですが、
青も水色もたくさん出てたのに、思い描く、この淡い紫がない!


あちこち駆け回って、なんとか無事確保したものの、
これだけじゃ足りない気がしてきて(←仕入の毎回の習慣病)
5本束のうちの1本だけ、ほんのりとグリーンと紫に色づいている
アジサイの束を、予備として買い込みました。
1本だけでも使えればいいかと。
・・・
・・・
・・・
30分後、
それだけでも足りない気がしてきて(←もう帰ろ、というタイミングで毎回発病)
更に同じ束を5本買い込むという、
この小心者っぷりたるやいかに。

仲卸さんに「すみません何度も買いに来て」と、ぺこぺこ。

合計10本のグリーン紫ミックスのアジサイから、
ほんの2本、それもそのグリーン部分を一輪ずつ減らして
紫部分だけを残して、作った、贅沢なブーケではあります。

あほか!と自分に突っ込みたいですが
やっぱ、こういう時、目の前に花があってあえて買わないという選択は
無理。(そして儲からない)


「たとえばね、この1本の茎に3輪咲いてても、
3輪とも押されたりしてつぶれちゃうのでは意味がない。
2輪を捨てても、残りの1輪を生かすこと。
・・・だからさ、まぐろの大トロだってば。
こーんな大きいなかで、さらにスペシャルに美味しい部分、
その大トロだけで作ったらそりゃ美味しいに決まってる。
美しい花だけで作られたら、勝手に美しいブーケになる。
つまり、ひらめのエンガワだけだってば!」

と、レッスンでえらそうに言ってますが
はい、講師自ら、実践しております。

という証に、今日の記事を書いてみました。


残った大量のアジサイを眺めつつ
よほどイチエッタをやろうかと思いましたが
この日はもう梱包する余力がなく、力尽きて断念。
やはり一会に取りに来てくれる
「プラチナ・イチエッタ倶楽部」を別途作るべきだろうか。

(イチエッタ上級バージョンという訳ではなく
プラチナ=白金だから。
またくだらないネーミングを)


では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2013-09-30 19:16 | ブーケ | Comments(0)
<< スズランの花冠 ライラックカラ... セミキャスケードブーケ スペン... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。