ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
セミキャスケードブーケ 不完全な写真と、サーブをいれること ホテル椿山荘東京様へ
a0042928_204201.jpg


出発予定時間まであと45分、
梱包することを考えたらいじれるのはたぶんもう30分もない。

そんな間際でひとまず写真だけ撮りました。
まだまだ不完全なブーケの写真。

上下も左右もこの後あれこれいれかえて
ぎりぎりまで直して、お届けしました。
花嫁様の希望である、「
スズランが目立つように、華奢なように、
でも王道できれいな感じのブーケに」仕上がるように。

仕上がった写真は撮れずじまい。

お色直しのブーケはご新郎様の手作りの逸品でしたから、
尚のこと、責任は重大でした。


きれいなブーケの写真を撮る、というのは
広告をしない、ブログより他に伝える技術を持たない一会にとって
生命線のひとつではありますが
きれいな写真を撮る、ということが、
一会を主宰する自分の、最終目的ではない。


私の仕事は、ブーケそのものを
花嫁様に満足してもらえること。


「スズランが目立つように、華奢なように、
でも王道できれいな感じのブーケ」
になるように、何度も何度も立ち迷います。

最初は、「つぼみのようなオールドローズ」の
ブーケがご希望でした。
でもレッスンに何度もきてくださって、
あれこれブログを読み返して、
ローズユミのようなバラも捨てがたい。

たくさんたくさん迷われて、最後には「岩橋さんにおまかせします」と
おっしゃってくださったので、
何度もの単発レッスンでお会いして受けた印象で、
仕上げをしました。

凛としていてでも冷たくなくて
朗らかだけど迎合してなくて、ちゃんとした女性。
そんな感じが、花に出たらいいなと思いました。

気持ちを形にすること。

私の仕事は、ご注文をくださった花嫁様に
満足をいただけること。


とても、喜んでくださった、
と、
戻ってきたアシスタントシルキーさんが伝えてくれました。



写真はたいへん不完全で、申し訳ないのですが
その日、その朝、
自分のストライクゾーンに全力で球を投げます。


どんなにきれいでも、たとえば
花嫁様の要望がバラなのに
ダリアでは意味がない。
「このダリア高かったし、ブーケにするのにはこんなに苦労があったし、
だいたいダリアでもバラでも別に変わらないでしょ」、と
どれほど主張しても、それは違う。
その主張で、議論で、客を疲れさせるならなお違う。

お金を払う側の花嫁様の意にかなわなかったら
「自分はその日頑張ったし!」と
他人様からお金をもらうのは、強盗のようなものです。

希望にかなう商品を差し出して
やっとお金をいただけることだと思うので、

私の仕事は、毎週きちんと
サーブをいれること。


気持ちのよい5月の空、
以前は真っ暗だった市場への道も、いつしかすっかり明るくなって
ああ夏がもうすぐ来るんだなあと気づかされます。

一会は、だんだんと
修羅場モードに入りました。

謙虚な気持ちで、ひとつずつ丁寧に、と
また今年も、自分に、
何度も言い渡します。





では皆様今日も本当にお疲れ様でした。
by ichiecd | 2013-05-06 20:33 | ブーケ | Comments(0)
<< クラッチブーケ シャクヤクとチ... 新郎新婦様からのメール ウェデ... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。