ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
一会定期レッスン3月 春の花木のブーケ3 は持ってもらってこそ 思案中
a0042928_22171716.jpg

素晴らしい。

なかなか写真がうまく撮れなくて
持ってもらったら、もう全然違う。
力いっぱい違う。
ブーケは持ってもらってこそ。


しかし、なんてひねりのない記事タイトル。
・・・私のネーミングのセンスが悪いのはいつものことですから。


空気を含む花は、えてして写真には撮りにくくて
伝えるのが難しいです。

a0042928_22192046.jpg



一会風ブーケもこの春の花木のブーケも
持ってもらったら少しは伝わりやすいかも。

a0042928_222155.jpg


素敵。

とろんとした水仙がなんとも言えない微妙な、
触りたくなるような表情です。



a0042928_22231892.jpg


番外編で、「今度、ある都合があって、公共の場所に
大きな花を活けなくてはならないから」と
特訓にいらした方の花瓶活け。


よりよい花を活けたい、活けなければという
真摯さこそが美しい、と思います。
心は形にできると思う。

a0042928_410372.jpg



花ってさ、花じゃないんだよ。

花というただのものにすぎないんだけれど
花というものに込められたいろんな意味を、想いを込められて
そういうのも花は含むことができて、
そういう楽しみ方もできるんだよ。
ただきれいなだけじゃなくて、
そういうたくさんの古来の人が込めた想いを
脳裏に描きながら、
「花」を活けるのも、楽しいかもしれないよ?


と、生徒の皆さんを舌先三寸でだまくらかして
4月の一会のレッスンのテーマは、

歌を踏まえての花

です。
やっぱりやるんかい!

別に和歌や俳句じゃなくてもいいんです、
JーPOPでもK-POP でも、
そのテーマを発表しなくてもかまいません。
でも、何か言葉を秘めつつ、花を活けよう。


a0042928_2236587.jpg


連翹(れんぎょう)や 艶(つや)という文字 書く思索

                            町春草

*翌日5日追記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この連翹の俳句の作者は「町春草」でした。
そして、「書く思案」だと思い込んでて
昨日はそう表記してしまったのですが
「書く思索」でした、大変失礼しました。
記事タイトルは間抜けながらもうこのままでいっかー。

作者の町春草(まちしゅんそう)という人が
大正時代の著名な女流書家であった、
ということを、今回はじめて知りました。

http://machishunsou.com/index.html


あの銘菓「ひよ子」の題字も、町春草さんなんだそうです。
http://www.hiyoko.co.jp/yoshinodo/chapter5.html

へーー
べ、勉強になるなあ。
てか仕事しろよ!はい。ひよ子食べたい。
「博多土産はひよ子だろ?」派で、且つ
「ひよ子は東京土産じゃなくて福岡だろ!」派です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2013-04-04 22:36 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)
<< 端境 一会定期スクール3月 春の花木... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。