ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
手習い 感覚を磨く方法
a0042928_0381414.jpg


今日アシスタントさんが当面の目標として
「ブートニアを上手に作れるようになること」と言います。

ブートニアとは、花嫁のもつブーケに対して必ず対となる
花婿の胸にさす小さなコサージュ。

小さいコサージュだから簡単かというとそうでもなく
ブーケの持っているいろんな要素を、本質をとりだして
手のひらにまとめる花。
その意味で、ブーケよりもずっと難しいと言えます。
「本質をつかむ」ことを要求されます。


「せんせはそれ、どんな勉強をしたんですか?」と問われて
あらためて数えると、
いろいろあるけどひとつはこの和花の手習いです。

貝母百合の、このくるりんとした葉、渋いけど軽みのある緑、
ちょっととぼけた形とか
持っている要素をよくよく見て、活け替えること。

しかし10年目にしてやっとわかることばかりです。
10年、毎月真面目に続けてたら、そら少しはましになりますよ。

でも10年もひとつのことをやるなんて
考えただけで、気が遠くなるとか
10年真面目にやったからって
うまくなれるとは限らないとか、
それは○○さんだからなれるんだろうけど、とか、
そんないろんな理由でやらないことも多いので
やってる場合には目立つだけです。たぶん。

一会のレッスンの生徒さんも
何年も続けている人がたくさんいます。
みんなまじめだなあ、よく飽きないなあと
講師としてあるまじき感想を結構
素で思ったりするんですが、
毎日毎日、砂を水で洗ってたら、
ふとある日、小さな砂金として
結晶する。

それをみな、そうと知っているのかもしれません。
愚鈍な自分よりずっと賢くて、
それがわかっていて取り組んでいるんじゃないかと。
自分は最初はわかりませんでした。
長年やってれば、感覚がこうして磨かれるというあてもなくて
ただ、やれることをやって少しでもいいから
上達して、お客様に喜ばれるように、なりたかった。


感覚を磨く、という大げさなことではなく、
自分のような凡人にとっては、
砂金があるかないかもわからないけど
毎日毎日、腰まで水につかって、砂を洗うことです。
途中で休んだら感覚はすぐ鈍る。

あくまで真面目に王道を行く。
それが遠回りのようにみえて結局は
一番の近道なんじゃと今はようやっと思います。



とかなんとか毎回重たい面倒なことを書いておりますが、
仕事ではない自由な花を活けるときは
いつも、なんというか、ひょうけた花、
ひょうきんな軽みのある花を活けたい。

と、地で思ってるらしいところが、我ながら不思議です。
ありのままの自分と、
目指したいこうありたい姿は割と違う。

そういうのもひっくるめて、今日という日の花。

カルペディエム、今日という花を摘みとれ
という適当なオチをつけつつ、
お茶を濁して(超得意)


では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2013-03-29 21:06 | carpe diem | Comments(0)
<< 3月30日 単発プリザーブドレ... 新郎新婦様からのメール プリザ... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。