ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
1月6日単発プリザレッスンのご報告&今後のレッスンについて
a0042928_21461083.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も大変充実した、楽しい時間を過ごせました!ありがとうございました。
主人と一緒に何かを作るというのが初めてで、
やいのやいの言っていたら時間がかかってしまい、
午後の方がおられる中、長居を大変失礼しました。

実はあの後指輪を見に銀座へ行ったのですが、
もう一会さんを出た後からずっと
本日のレッスンについて熱くなって話をして、
指輪のことがどこか行ってしまうくらいでした(笑)
主人ははじめ「最初の10個を付けたときには
大失敗だと思ったが、俺のはなかなかよくできた」と
こちらが恥ずかしいくらい自信満々で、
でも時間が経つにつれ「もっと丸くすればよかった」とか、
「紫追加すればよかったかな」などと
写真を見ながらあれこれ言っています。

とにかく二人して本当に楽しく作らせていただいて、
よい思い出にもなり、今から母に渡すのが楽しみで仕方ありません。
一会さんには本当に感謝しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

といううれしいメールをいただいて、許可を得て
お写真と一緒にご紹介させていただきます。

一会のレッスンには2種類ありまして
ひとつは月に一度の生花の定期的なレッスン、
もうひとつは不定期で開催する単発のプリザーブドレッスンです。
a0042928_21554073.jpg


新郎新婦様が連れだってご両親さまへの花を手作りしたり
ブーケやウエルカムボードを手作りしたり、
もちろん個人的な練習やギフトも
「作るものは何でもあり」レッスンは
だいたい月に一度くらいの不定期開催です。


次回、先日予告した2月24日はすでに
午前午後と2回転分が全席埋まり、
1月19日に追加開催します。
(1月後半は無理とか言ってたくせにすみません。
土日のスケジュールはやはりぎりぎりまでよみにくく、
もしウエディングが入ってしまったらと思うと
直前までレッスンの予定をいれることに
ふんぎれないのが真情でございます。ご容赦ください)
なお1月19日土曜日は10時からです。

a0042928_21582387.jpg

こちらもお二人で参加してくださった新郎新婦様、
10月に挙式した際のブーケを作らせていただいて、
これからご披露宴パーティでご両親への花を作りにいらしたところ。
帰ってから写真を撮ったりして、また
楽しんでくださったそうです。

a0042928_21595551.jpg

こちらもお二人での参加で、
フォトフレームとアレンジメント。
ふたつとも同じものというほうが多いですが、
せっかく手作りにいらしたので、
それぞれお母様のことを一生懸命考えながら、
たったひとつそのための花を作る。というのも
手作りのレッスンならではかと思います。

a0042928_222945.jpg


この方も同じく、おひとりはリース、
お一人はフレーム仕立て。


a0042928_21575616.jpg

フレーム、リス入りで色違いです。

a0042928_2158690.jpg

どう撮ったらかわいいかな、と真剣に並べる花嫁様と
見守るご新郎様の様子があったかくて
こっそり激写。




a0042928_2255719.jpg

こちらは何回もすでにきてくださったかた。
お友達への誕生日プレゼントに。

a0042928_226894.jpg


結婚式、というのは準備も含めて結婚式、だと思うので
少しでも楽しんでいただければ、そう思います。

お揃いのものを作るのも素敵だし
それぞれのご実家に似合うものを考えて作るのも素敵だと思う。

結婚式のご準備は、いつも、はたで見ていても大変です。
でもたった数時間に大金を支払うことなので、
最終的には、振り返ったときには
大変を楽しさが上回ってもらえたら、と
その業者の一人である自分はつい願わずにはいられません。

いろんな事情がせめぎあって、
お二人もご家族もご親族も招待するゲストの方も
みなそれぞれの思いがあって、
もちろんそのほかにご予算というくくりもあって、
時間という制限もあって、
それらすべてに、どこかで手を打たねばならない。

どこかで必ず、自分の気持ちに折り合いをつけなければならない。
その折り合いを、えい!と唇をかんでつけていく、
その折り目こそが、
実は一番美しいんだと思うんです。

葛藤を全部飲みこんだ決断が、たった一日に凝縮される、
それが結婚式という、社会的な儀式なんじゃないかと。

最近やりとりをしている新婦様にそんな話を
つい演説したりしております。
ええもう近所の世話焼きおばちゃんと呼んでくださって
結構ですとも。



では、今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2013-01-09 22:20 | ブーケ&装花スクール | Comments(1)
Commented by くすんだピンク at 2013-01-10 19:45 x
お世話になっております!
折り目。
頂いた言葉、泣いた顔も前を向けます(^^)
<< クラッチブーケ ユーカリとフラ... セミキャスケードブーケ プリザ... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。