ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
一会定期スクール8月 プリザーブドフラワーで
a0042928_2342321.jpg

今日は一会定期スクール9月のレッスン日でした。
昨日もですが。

そして7月も8月も、オフシーズンにもかかわらず
その定期スクールの記事を
まともに書いていないことに気付きました。

しかし生徒さん誰一人としてそれを責めようとしないので、
良心の呵責に耐えかねるってこういうことかと
身を以て実感しているところです。

ごっ・・・ごめんなさい!!


と長い前ふりをしての最優秀賞、
8月の一枚。

突き詰めるとバランス、あるいは花の魅力。

a0042928_23415046.jpg


一会の定期レッスンは
第二火曜日の昼と夜、
第三火曜日の昼と夜、
それに加え水溶日の昼、合計5回のウエディングコースがあります。
そのほかに月曜日の夜にアレンジコースという花を楽しむためのレッスンがあります。
合計6回。
(10月は一会が忙しく月始と月末になっております、
申し訳ありませんが日程ご確認ください)
(ついでにいうと10月はカラーもしくはダリアのブーケだよ!
はじめてならクラッチ、2回目ならホルダー、3年以上のベテランは
ワイヤリングでね♪)

a0042928_956278.jpg
a0042928_9564268.jpg

ウエディングコースは主にウエディングに関連した花、
つまりブーケや装花をテーマにしています。
昼はさすがにプロセミプロの方が多いですが
夜はOLさんも多数。

a0042928_23434191.jpg


3年5年と通ってくださる方も
結構な割合でいらっしゃいます。数えてないけど半分近く?

みなさっさと来て、さくっと帰ってって、
とりたててなんにも言わないけど
それなりに満足してくれてるのかナ?
そ、そうなのかにゃ?

とつい卑屈に聞いてみたい気持ちをこらえて素知らぬ顔で講義。

a0042928_2344651.jpg


一会レッスンの唯一無二のお題目はつねに
「やりたいことをやる」なので
今回もお題目は「ブーケまたは花冠」でしたが
リストレットとかバックコサージュを作ったり
いろいろです。

ちなみに9月は
「メインテーブルもしくは祭壇、つまりたまには大きな花をどんと挿してみよう」です。
「でもやりたいならブーケでもいいですよ」と
付け加えて、みんなに苦笑されています。
いいじゃん、ぬるくって!
どうせお免状一枚も出さないレッスン、何の役にもたちません。
だから、今日作りたい花を作って帰ってほしい。

a0042928_23442174.jpg


今の自分が作りたい花、
今の自分に必要な花を。

それは他の誰にも解らない、
自分だけの花です。

心が動いた花を自分で選んで、
自分でひとつの形に仕上げる。

a0042928_23443474.jpg


・・・「テーマが自由すぎてツライです先生」とは
しょっちゅう訴えられますけど、
そこは歳で耳が遠くって聞こえないふりでスルー。


でも、いつも思うけども
見本を見せてこうでこうで長さは何センチで角度は
と私が指定するより、皆さんが自分勝手に作る花のほうが
ずっとずっとすごいです。

正直、頭をかかえるほどには。
なんか、「うー自分はちょっとたちうちできないな」と
つい思うほど
すごい花を作る生徒さんがたくさんいます。


花嫁様が持ってきてくださる花の写真に
生徒さんの作った写真が混じっていることも
珍しくはありません。
その葛藤たるや、なにをかいわんやというところです。
嬉しいけど、複雑。
でも嬉しい。



a0042928_2343158.jpg


こちらはアレンジコース。
さらに無法地帯作りたい花を作っていただく、
というテーマでのぞんだところ、
これはご仏前の花なのだそうです。

ご実家のご仏前の花が夏はほんとにもたないので、
今回一会のレッスンでこれを作ろう!と決意して
花瓶の縦横サイズまできっちり図り、
レッスンに臨んだその緻密さに、拍手!拍手!

しかしナイスアイディアです。

こういう折り合いっていいなと思います。

ご先祖様を敬いたい。
しかし現実、夏場は花がもたなくってすぐダメになる。
2012年の日本にはプリザーブドフラワーがこれほどまでに
あるのだから、それを使ってお花をお供えしよう。

無論生花がのぞましい、
でも造花、プリザーブドフラワーでもせめて
お供えしたいという気持ち、
今生きている人の生活との折り合い。

地面に足がついてる感じがして、いいなと思います。

a0042928_23432312.jpg


7月と8月の全部の写真はこちらに。

7月
https://picasaweb.google.com/108503145712593534698/20127?authuser=0&authkey=Gv1sRgCNTDj4ec4oORVA&feat=directlink

8月
https://picasaweb.google.com/108503145712593534698/20128?authuser=0&authkey=Gv1sRgCMrMhej_z_i2Gg&feat=directlink
ここから先は内部事情の話になります。

基本、レッスンで作品が仕上がると、
私のほうで写真を撮りそれらは、
専用掲示板にてこのピカサにアップロードしてありますが
例によってこの月も掲載漏れがあり
第三週水曜がまるまるぬけてしまっておりました。
ごめんなさい!
ご指摘をくださったMさん本当にありがとうございました。

そうした掲載漏れを防ぐため、
写真を撮る際に一枚ずつでいいので記録として
個人の名札をつけたらどうかという議論が一会内で先日
また蒸し返されたのですが
私としてはそれは受け入れがたく、却下。

この花は誰のだよなあと解ってから、
選ぶのはきついです。
相手のこととかしがらみとかなんも考えず、
花だけ見て決めたい。



それで名札と花を一緒にとる案は却下し
今月から、
レッスン開始前にその日付と人数を写真に撮ってからスタート、
という対応を試みているところです。

少しでもよりよいフラワースクールライフ(やや棒読み)を
楽しんでいただくべく、生徒の皆様には大変申し訳ないですが、
もう少しだけ生暖かく見守ってくださいましたら幸いです。


a0042928_23444492.jpg


では皆様今日もお疲れ様でした。
遅くなりましてまことに申し訳ありませんでした・・・
とほほ。
おつかれさまでした。
by ichiecd | 2012-09-12 23:10 | ブーケ&装花スクール | Comments(0)
<< 白無垢のヘッドドレス ユリのメ... これから困難に立ち向かうご自分... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。