ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
人はなぜ、花を愛でるのか
a0042928_2217329.jpg

ある元新婦様からいただいた
ご注文の花でした。

花のにおいにつられてか、おうちのわんこが
ずっとにおいを嗅いでいて
なかなか写真を撮らせてくれなかったとか。

許可をいただいて、送ってくださった写真を掲載します。
玄関に飾る大きめの花と、リビングに飾る小さめの花と
そうリクエストがあって、しかし梱包用のダンボールに入らなかったので
小さめの花をリースにして、省スペース。
相変わらずのっぽさんモード爆発中。

a0042928_22172755.jpg



「花を見て、いろんな思いに一区切りついて、
前向きになれた」というお話が添えてありました。


思いもよらぬようなことが起こるこの毎日を
ただ過ごすというだけでも
大変なときもあります。

このたくさんの大変なことばかりが続く、
でも美しい一日を、
今日もまたおつかれさまでしたというだけで、
やり過ごすことができればそれでいいのかも。


イチエッタ倶楽部もそうですが
こうして、花を手にした方のメールを拝読していると、
「花」というものはそれだけでは成り立たない、と、
あらためて思わされます。

花は、人の心に落ちる陰影。

人の心に訴えて
はじめて花という存在意義をとるものだと。
まるで、影が落ちたときに、
はじめて輪郭があらわになるもののようです。



それは万物がそうなのかもしれません。
自分がいくら「ウエディングのフラワーデザイナーです」と
名乗ったところで、
実際にブーケを作らせてもらえる機会がなければ
名ばかりです。
頼んでくださる方がいるからブーケを作ることができる。


人はなぜ、花を愛でるのか。
それは長いあいだ、自分の命題のひとつでありました。

これからもそうだと思います。
けれどもここにきて、その答えのひとつに
すこし近づいたような気がします。



えーと。


まとまらないのですが今日は寝ます。
ご注文くださったFさまにはここから深い感謝を。
「一会さんの花を持ちたいがためにもう一回結婚式をしたいくらいで、
PCを打つ手に力が入ってしまう」、
そう書いてくださったこと、・・・忘れません!
青春風ですが、しかし、本当に、
ありがとうございました。

では皆様今日もおつかれさまでした。
by ichiecd | 2012-06-07 22:19 | ギフト | Comments(0)
<< 新郎新婦様からのメール リスト... ラウンドブーケ 白に淡いピンク... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。