ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
プロフィールとして 好きとコストの放物曲線
a0042928_21581952.jpg


ブログに載せるべき写真も話もたくさんあるにもかかわらず
今日はパス。
というときのための、旅写真です。


少しずつこのブログも構成をいじってたりして、
自分のプロフィールも
すこしまじめに書き直さなくちゃなー
こういう場合やっぱ出身地とか趣味とか書くんだよなあ。

と、ぼんやりと考えております。

というか何度も書いてますが
出身地は、福岡です。
ラーメンはとんこつです。
誰も聞いてない。


趣味は、旅です。
一泊二日あれば、離島以外のすべての日本各地は
どこでもちょっとと出て帰るのに、
やぶさかではありません。
本州ならば一泊一日でも充分でござんす。


「好きな度合いと、かけるコストは放物曲線を描く」
というのが、
自分の「旅のルール」第七条です。

誰しも好きなことにはお金をかけます。
他のことには吝嗇であっても
好きなものには糸目をつけない、ということも
珍しくはない。

しかし、本当に好きでこだわるものについては
そこをぐるっと一週半して、今度は
コスト意識がめちゃめちゃ厳しくなります。

自分の場合には、それは温泉宿です。
1万円出すなら最低でも泉質はこうで、かけ流しでないと。
1万5千円以上出すならサービスはこれくらいで料理はこれくらい、
じゃなかったらフロントで暴れるなあ。
という厳然とした、
かつ人様には理解しがたい、
一定の線引きがあります。


食べることが好きな人には、それが
レストランに払う対価であったり、
作ることが好きな人には、それがその日の
食料品の買出しであったり、
外出好きな人にとっては、それが
メトロもバスも駆使した交通費であったり、

ほんとに本当に好きなことに対しては
かけるお金にもこだわりがある。


つまり、「好きなこと」
に使うお金のタガがはずれている、という段階を、
さらに煮詰めて極めると、今度は
それに対するコスト意識が、めっちゃシビアになる。

これが本日の演題、
「好きな度合いと、かけるコストは放物曲線」
です。

そういえばそうかも、と洗脳されてしまった素直な人も、
そんなもんかねえと思った懐疑的な人も、
途中で寝てしまった素直な方も、
では皆様今日もお疲れ様でした。


そして今日はじめてこのブログを見たかたへ、
ここはウエディングの花のブログです。

できましたら、もう数日見にきてくださいましたら
幸いです。


おつかれさまでした。
by ichiecd | 2012-05-31 21:58 | carpe diem | Comments(1)
Commented at 2012-06-01 12:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< クラッチブーケ ロマンティック... 二次会用 4シェアブーケ オペ... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。