ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
ライラックピンクのブーケ 夜明け前の闇が一番深い
a0042928_21511158.jpg


ライラックで作る、夜明けの紫のブーケ。

「夜明け前」、という言葉のロマンティックさ加減に
凡人の自分はくらくらするので
このブログでもつい多用してしまうのですが
別に「夕暮れ時」の紫でもかまいません。
そこはかとなくそんな雰囲気が出れば。

ブーケに付ける名前も最近ネタ切れ感が強く、
「もうちょっとさ、そんな仕事ばっかしてないで
ちゃんといろいろ世間様に風がとおるような窓をあけて、
毎日勉強しなくっちゃなー」
と思う自分は、結局おたく。うーんマンネリ。

さっき送受信したメールボックスに立て続けに3つ、
今週末の新婦様の「どうぞよろしくお願いします」というメールと
先週の新婦様の「本当にありがとうございました」というメールと、
この秋の新婦様からのはじめてのお問い合わせのメール。

「結婚式の1日」、
というちょっと風変わりな次元、
たくさんの人がたった一度通り過ぎるその時間軸に棲みついて
10年以上が過ぎ、この場所を通ろうとするお二人へ、
花を添えて、過ぎる週末。

まるで、その場所を盛り上げてそれで投げ銭をもらう、
ちんどん屋さんのような、この仕事は割と楽しいです。

向いているかどうかは別にして、
けれども今日という一日はどんな日だったか、
政治ではこうで、経済ではこんなことがあって
野球はこっちが勝ったし、天文学的にはいついつまであと何日、
そのいずれにも知識が深くない自分が、
自信をもっていえるのはただひとつ、
今日今手元にあるバラの開き具合だけです。




 詩歌などもはや救抜につながらぬからき地上をひとり行く我は

                       岡井 隆


かっこいいなあ。
というかんじの詩歌を適当に拾ってお茶を濁し、
では今日もほんとうに、おつかれさまでした。
by ichiecd | 2012-05-25 23:58 | ブーケ | Comments(0)
<< 初夏の紅茶とブルーの装花 アン... セミキャスケードブーケ プリザ... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。