ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
フラワーデザイナーアシスタント募集のお知らせ
a0042928_23234694.jpg

フラワーデザイナーって誰?とか
この場合、突っ込んではいけません。

いまだにそう称するのに赤面するのはやっぱり自覚あるいは
自信あるいはオーラが足りないせいだとは思うのですが。
いまだにどこに行っても「で、岩橋先生はどなたですか?」と
面と向かって聞かれます。
すみません私がデザイナーの岩橋です、と答えるのに必要な勇気ときた日には。
地味ですみません。ええ。


今日、レッスンに単発でいらした方が
「以前、花屋さんになりたかったんですけどね」とおっしゃるので、
「花屋さんは儲かりませんからねえ」と
思わずかえしてしまいました。

労多くして利の少ない仕事ではあります。
好きなだけでは続きませんが、好きでなくては続きません。

いけばなの先生だった祖母を入院先に見舞った時、
「孫の美佳ちゃんよ覚えてる?今はお花をしてるのよ」と聞かされ
その一瞬だけ、正気に戻り、
「お花の先生はやめとかんね、あんた、
お花の先生は儲からんけん!(←久留米弁)」と
はっきり私に言い渡し、
その場の全員を笑わせたときのことを、
今も時々思い出します。


確かにその通りでした。
でも好きなことをして今日のごはんを食べられるのは、
単純に嬉しいです。


未経験者でもかまいませんが、
軽のAT車での、都内の運転は必須です。
それプラス、多少の、差し出す対価は必要です。

欲しいものがあれば
それに見合う対価を差し出さなければ得られない
というのは、自分の持論であります。
逆にいうなら仮になにもなくても、努力だけで十分、購えます。
12年前の自分がそうでしたから、大丈夫です。

経験者もしくはPCに堪能な方は優遇します。

お問い合わせはメールにて、もしくはHPのリクルートの記事をご覧ください。

では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2012-04-11 23:38 | carpe diem | Comments(0)
<< ナチュラルなブーケ 植物園 ... 2012年母の日ギフト プロローグ >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。