ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
さて、花は造花程口がきけない。
a0042928_136567.jpg


メコン川クルーズは、ホーチミンに行けば
主要なツアーのひとつ。
写真はほとんど撮れませんでしたが
楽しかったです。
覆いかぶさる緑の中、時折スコールに見舞われながら
手漕ぎの船で進むのは
まるで、テーマパークのアトラクションのようでした。

思ったとたん、おかしな話だと思いました。
こちらが本物のはずなのになぜテーマパークを連想するのか。



日常、花を挿していると、
「まるで、造花みたいにきれい!」
と言われることがあります。


長い間、その表現がいまひとつよくわからなかった。


でも本物のジャングルクルーズを体験しながら
まるでアトラクションのような錯覚を引き起こす自分も、
たぶん同じ感覚です。
こっちが本家なのに、なぜそれを似せて造られた人工物を
思うのだろう。
船を下りてからずっと考えていましたが、
おそらくは
造花は、人の思う「花」の「印象」なのだろう。

最近の造花はとてもよくできていて、
その開き加減といい、発色のよさといい、
反り返った花びらに水滴がついているものさえあります。

「花」とはこうあってほしい。
という、理想の体現。


裏を返すと、花の生け手側である自分が
いつもいつもは、その理想に追いつけていない。
せっかくの生花を、人のいう理想の花にして
見せては差し上げられない。

「造花みたいにきれいだ」という言葉は
そういう不足の裏返しなのかもしれない。
と、思い至りました。


  「さて、花は造花程口がきけない」

という中原中也の詩を思い出します

口がきけない花を
造花ほどに造花以上にその美しさを
引き出す仕事が、できるだろうか、
そんなことを考えるベトナム最後の夜でした。

あっというまですが明日は帰国、
明後日月曜には東京に戻ります。
メールのほうがつながりにくく、
お返事が送れておりますことを
どうかご容赦ください。

では皆様今日もお疲れ様でした、
こちらはもうすぐ夜の0時になるところです。
by ichiecd | 2011-08-28 01:52 | carpe diem | Comments(1)
Commented at 2011-08-31 10:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< - 羽を伸ばし中 ベトナムの蓮 >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。