ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
新郎新婦様からのメール たからもの2 日比谷パレスさまへ
a0042928_23171810.jpg

昨日のブログにご紹介した
花嫁様の、その挙式の当日。

いただいた長い長いメールを今ふたたび読み返して
どこも削れず、苦悩しています。

a0042928_2317302.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰宅後にお花さんたちをブーケホルダーからはずしながら、
こんなにたくさんのお花が来てくれたんだと思うと
なぜだかとても愛おしくて「ありがとうね、ごめんね、ありがとうね」と
繰り返しながら泣けてきてしまって・・・。

今までの自分にない感情があふれてきて、
あの瞬間は、とても不思議な感じでした。

あと、始め、挙式前まではパールのネックレスをしていたのですが、
新郎からのプレゼントの、細いネックレスに付け替えました。

すると頭のお花とブーケを邪魔するものがなくなったおかげで、
逆にお花との全体的なバランスが良くなったように思います。
超シンプルなドレスでしたが全く寂しくなく、
花冠とブーケで充分華やかでした!

そして、ピアスもご覧くださいませ。
コーラルピンクのバラにパールを加えて作ったものなのですが、
我ながらとてもお気に入りで、
これがまたお花に本当にぴったりで、またびっくりです。

装飾のない超シンプルなドレスも、
なじみの美容院でセットして頂いたヘアも、
細いチェーンのゴールドのネックレスも、
岩橋さまのお花も、ブーケも、花冠も。

自分が「これ好き!」と感じているものたちばかりで、
それがこうして集まって、相乗効果というか、
当日楽しみにしていた、たくさんの一期一会が
不思議と「いいかんじ」にしっくりとなじんでいるのが
とても幸せなことでした。

いつか、もしまた結婚式をすることがあれば
(あっては良くないですが^^;)

時間に追われないよう、自宅で挙式・披露宴など行うことにして、
もっと頑張って働いて稼いで、
家中を一会さまのお花で埋め尽くしたい・・
絶対に一会さま!岩橋さま!!
などという野望を抱いております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

a0042928_23174865.jpg


ごめんなさい、白旗です。
ギブアップです。

自分には、ほんとに何もできないように思えて、
へこむことばかりだけれども
少しはできることもある。

a0042928_2318711.jpg

そんなふうに思えるメールとお写真を、
本当にありがとうございました。


a0042928_231815100.jpg


素敵な写真の数々は、
ブログ「ウェディングカメラマンの裏話」の
dapandaさんが撮ってくださったものです。
http://ameblo.jp/dapanda45/

その日の記事はこちらでした。
http://ameblo.jp/dapanda45/day-20110420.html

自分では追いかけていけなくてかつ会心の出来ではあったのにいまいち
うまく撮れなかったブーケをこんなにも
きれいに撮ってくださって、
見た瞬間に、ちょっと息をのみました。

実はこの秋の新婦様から、
「あるカメラマンさんの記事を
見て一会さんに問い合わせたのですけれど」と
お問い合わせをいただいて
はじめて知ったお話でした。
ここからお礼と感謝を申し上げます。

そして、冒頭の花嫁様に
この一連のお話をしたところ、

・・・・・・・・・・・・・・・
持ち込み料は私自身も悩んだ点ではありましたが、
その花嫁様をつかまえて、
持ち込むよう説得差し上げたいくらいです(笑)

私も初めはお花を持ち込むことは考えてなかったのですが
持込みを視野に入れてお花屋さんを探し始めたときに、
先輩花嫁さまのブログで知ったのが一会さまでした。

他にも何件か問い合わせたお花屋さんがあったのですが、
ホームページもブログもしつこいくらいにくまなく拝見し(笑)、
お花に対する岩橋さまのコメントの温かさや
お仕事に対する厳しい姿勢への興味深さや、
ときどき出てくる『一会風』とお店の名前を冠したブーケが、
私の理想が実現されてる!!と驚いたりしたことが決め手でした。

万が一、万が一、ですが、当日好みと違うお花が届いたとしても、
私はこのお花屋さんなら許せるだろう、
と思ったのです。ヘンな例えですが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そう、おっしゃってくださいました。

いただいたお言葉も、美しいお写真も
すべてが、一会のたからものです。

a0042928_23375741.jpg



そう、封印してよいでしょうか。
4月、桜のころの一日。


お仕事をさせてくださったことを
お礼申し上げます。
ほんとうにありがとうございました。
ええい泣いちゃうぜ。って思う思う。

では皆様今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2011-07-01 23:01 | 会場装花 | Comments(1)
Commented by スミエツ at 2011-07-02 10:15 x
花嫁様の満面な笑みに嬉しさが伝わります!!
岩橋様のいつも心をこめて花に接して見える姿に、いつも感心しています(*^。^*)
私たちウエディングのお仕事をさせていただく者にとって、こんな嬉しいお客様のお写真を拝見するとキュッとなりますね。
幸せを皆さんに感じていただけるように、お互いに真摯にお仕事をしたいです。
ああ・・・。もう一度ウエディングをしてみたいわ。
<< スペンド ア ライフタイム 「... 新郎新婦様からのメール 宝 日... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。