ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
手のひらの上のゲストテーブル装花 ラビュットボワゼ様へ
a0042928_22594561.jpg

夜明け前とも日暮れ間際ともつかない、
向こう側の雲の色のような不思議なバラは
サーシャ、といいます。
その色に加えメマイがするほどの香りで
一番好きなバラのうちのひとつ。

で、且つ、

たくさんは出回るバラではない。
いつもはいい値段で、見るたびに諦めるので、
お手頃だと思わず無意識に仕入れてしまうという
自分にとっては、市場の地雷のひとつ。

罠です。
どぼんです。
しかし
「こんな罠なら落ちてもいいぜ」とか
30円くらいの安っぽいセリフを書いている場合ではなく

a0042928_22595740.jpg


お届け先は、ラビュットボワゼ、という
自由が丘の一軒家のフレンチレストランです。
手のひらにのるような、
小さなゲストテーブル装花。
小さ目ですが、このあとにグラスやバター皿が並びますので
ここらへんが限界。

この2枚目と3枚目の写真は、
一会の登録アシスタントである
奥沢マダムさんがお届けを請け負って、
その場で撮ってくれました。


ものすごくどうでもいい情報ですが
一会のアシスタントさんには各々にコードネームがついておりまして
この方の場合、ええと、奥沢のマダムだから。
・・・そのまんまじゃん!

でも、一会のアシスタントになるために
免許をとって運転の練習をしてくれた、という方です。

自分は頭があがらないな、と思う。


a0042928_230695.jpg



4月の新婦様、5月の新婦様、
ギフトを送った方から
メールをいただきはじめました。

どんなにか、その言葉が有難いか、
たぶんこのブログで一番多く繰り返してはいることですが
でも何度でも何度でも何度でも繰り返して
伝えたいので、また書く。

「お願いしてよかった」
それがたったひとつの、自分には最大の報酬です。


ちなみに一昨日くらいに書いていた
受胎告知というのは
この冬にいったフィレンツェで見た絵のひとつです。
寺院の階段をのぼりきった
狭いスペースにあるので、
次の見学者の邪魔にならないように、
何度か離れてはまた戻りおよそ1時間か2時間。

で、それが何の役に立つのかというと
かなり微妙ではあるのですが
それを花の役に立てようなどという
だいそれたことは、さすがに今は思わないのですが
これから10年かけられたら、なんか役にたつかも。
というだいそれたことは、少し思う。

10年前、自分はほんとに花で食べていけるかどうか、
かなり微妙だったので、それを思えば
10年間こうして必死にこんなにきれいな絵を見ていたら
少しは、自分の目の奥に、細胞に組み込まれて
それが最後に、この手になるといい、
そう思います。
そういう夢。


では皆様今日も本当にお疲れ様でした。
by ichiecd | 2011-05-16 23:35 | 会場装花 | Comments(0)
<< 単発プリザーブドフラワーレッス... ご出産お祝い >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。