ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
11月レッスン報告 アマリリスのセミキャスブーケ、祭壇、自分の性質を生かすこと
a0042928_035264.jpg


11月の一会の定期レッスンのテーマは「アマリリス」。
セミキャスケードブーケか

a0042928_0354141.jpg

祭壇装花かの二択でした。

Picasaにアップしました皆さまの写真一覧はこちらです。
http://picasaweb.google.com/ichiecd/1102?feat=directlink

a0042928_036163.jpg


そのアマリリスも色は「白:3赤:1」程度の割合で用意して、
好きなほうを選んでもらう形にしました。

a0042928_0361256.jpg


いつもは、花の組み合わせも自分で選んでもらうので、
こういうふうに花材やテーマを決めたレッスンは
むしろ珍しいのですが、相変わらず私による見本は無しです。
けしてさぼってるわけではございません。
私の見本などなくても皆さんきれいな形に
ちゃんと仕上げていかれます。
という証拠のブーケの横写真。
(念のためですが、無論のこと
見本があるレッスンがダメだというようなお話ではありません。)

ただ一会で見本を作らないのには
それなりの理由があり、
見本を作るとそれに準じた形をまず目指してしまいがちです。
言われるがままに手順を手とり足とり教わるのではなく
白紙の状態から自分でひとまず考えることを
重視している、ということがまずひとつ。

そしてもうひとつ、自分の性分を
花と結び付けてほしいと思うからです。

最近「佐藤可士和の超整理術」という本で、
もともと整理好きであった性分が
どんなふうにアートディレクターという仕事と結びついて
結果、 何倍もの威力となり唯一無二の仕事になったのか、
という過程が感じられて、そこに妙に納得しました。

毎日する作業に、
自分の生来の性格がプラスされるという場合、
互いに威力を増幅して何倍にも
その人の強みになる。という気がします。
それが好きでやってる仕事ならなおさらです。


私の場合は、
「なにはなくともとりあえず真面目にやる」、という点と、
こつこつは苦手だけど「短期集中型」という点が、
日程的に限りのあるウェディングの花、という
この仕事にあっている。
と、よく思います。
春夏秋冬、ちょっと狎れてきたころにまた次の花に代わるので
自分のように飽きっぽくても続けられる、というのもあります。


今はやりのドラッカー風にいうと
その人の強みを生かすということでしょうか。
ほんとか?



自分の得意なものが何か、性にあっているのはどんなことか、
より居心地がいいのはどんな時なのか、
考えてみてそれがたとえば、目の前のこの生きている花と
どう結びつけられるか?

最終的には
そういうレッスンができるといいなと思っております。
個々の特性を引き出して融合できるような。
(とか言ってる分には簡単なんですけどねー
講師の力不足で恐縮です。)


花を生けるために生きているわけではない、当然ながら、
しかし花を生けることがすなわち
自分というものの特性を生かしている。
そこに小さな私自身の居場所が生まれます。



a0042928_0362395.jpg


ちなみに
10月11月はあまりにせっぱつまっておりまして
アレンジコースをウェディングコースと合併させて
いただいておりました。
12月からは元に戻ります。
勝手を申し上げて恐縮でした。。。

a0042928_0363591.jpg


一会生徒の皆さんへ、
あなたの強みはなんですか?
と今月のレッスン;リースで聞きますからね。
よござんすね?


ちなみに来月、年明けて2011年1月のレッスンテーマは
「ワイヤリングキャスケードブーケ:ランづくし!」ですが
先日、都内某所で密談しまして
南原農園様の多大なるご協力をいただき、
ユーチャリスを数輪加えたランのブーケ、というひときわ
贅沢な花材を御用意する予定です。

へたすると一輪1500円にもなりかねないユーチャリス、
言っててまた自分の首をきゅーっとしめそうなので
今日はこれにて。


昨日さぼった分も今日の長文と
2で割ってくださいましたら幸いです。

では皆さま今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2010-12-03 23:32 | ブーケ&装花スクール | Comments(2)
Commented at 2010-12-05 03:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-12-05 19:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< バラのシャインホワイトとサムシ... ベルメゾンで一会デザインの花が... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。