ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
鮮やかに 花を仕事にするということ シェ松尾松涛レストラン様の装花
a0042928_21184167.jpg

こんにちは 一会の岩橋です。
なんか間違ってないか?と思われそうですが
一会のブログです。
いつもは地味が服をきて歩いているような花(と人)ですが
今日は、ヴィヴィットな色の花で、というリクエスト。

もし、自分で好きに花を作ってもいいなら
いつも、少し地味な花。

a0042928_21192926.jpg

でも仕事であれば逆に、こんなオーダーをいただいて
自分では普段作れない花を作ることができる。
好きなことを仕事にしている、その醍醐味だと思います。

装花の写真を撮っていたカメラマンさんが
「華やかですね、しばらく秋っぽい花が多かったから、
こういうのもいいですね、華やかでキレイ。
撮っててテンションあがっちゃいます!」
とおっしゃってくださったことに
深く感銘しました。
生きている花、みずみずしい花、鮮やかな花。

a0042928_21193662.jpg

階段は花と花をつるでつないで

a0042928_21195151.jpg

こういうときは
時間が許される場合には、
土台を作っていってなるべく現場で仕上げをします。

a0042928_21322940.jpg

その朝、窓から挿しこむ光を考えて、花を入れて

a0042928_2120225.jpg

通りすぎる瞬間、あ、花の香りがすると
ふと感じてもらえたらいいなと思って
香り高いバラを選んで現場で挿し足して仕上げます。

a0042928_21203177.jpg


実は、製作途中で花が足りない気がして仕方なくて
とうとうもう一度、市場に出かけました。

秋になってオンシーズン、ずっと予算オーバーの仕入れが続いていたので
無意識に買い控えてしまったんだ。と反省。
裏日と呼ばれる日にもう一度市場にいって、
顔見知りの方に「あれこんな日に珍しいですね」と言われて
赤面しつつ買い足して、結果、
いつも通りまた予算オーバーでしたが、


お打ち合わせの折にも同席してくださった花好きのお母様が、
花を見るなり
「わあかわいいわねえ」と笑顔になってくださったことが、
嬉しかった。
ただ一言、それだけであまりあるほど報われる、仕事です。


a0042928_21203899.jpg


シェ松尾松涛レストラン様の装花でした。


では皆さま今日も、本当にお疲れ様でした。
by ichiecd | 2010-11-21 21:44 | 会場装花 | Comments(0)
<< コスモスの花のブーケ 花時間ウ... セピアピンクのプリザーブドブー... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。