ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
宿の鍵
a0042928_0482776.jpg


単発レッスンは、
別段やらなくてもいいレッスンなのですが
普段会えない人が来てくれたり
普段聞けない気持ちを聞けたり
はじめての方が花を楽しんでくれるようすを見て
自分自身があらためて花の力を思い知り
昔にたちかえったりします。

先日のレッスンで
「おフランスレポートの続きは?」と
粉をかけられたので
それではと掲載を。実に手がるですとも。


a0042928_0491852.jpg

シャンブルドットと呼ばれる宿は
つまりおフランスの民宿、

a0042928_0501319.jpg

気楽でいいです。


a0042928_0502595.jpg

猫をもて遊んでみたり。
猫じゃらしにあっというまに食いつくあたり、互いに手軽です。



a0042928_053201.jpg


あまり動物好きというわけではないのですが
人を撮るのが苦手なので、
それでつい動物を撮ってしまうようです。

カモメの記事が笑った、とか
宝くじの記事がうけた、とか
そういう感想を聞けるのも
自分には単発レッスンのふろくです。

「私は岩橋さんのキレてるときの記事が好きだなあ」と
返答に困る感想をいただくときもあります。

赤面ですが
でも毎日毎日ブログを書くという時点で
恥はかくものなり、という覚悟は無論、しております。


a0042928_1493263.jpg


「英語、ペラペラなんでしょうね」と
あらぬ疑いをかけられもしますが
謙遜ではなくまったくしゃべれません。
話せるにこしたことはないですが
それを待っているとなかなか機会もないので
恥をかくのをあきらめて、さきに旅に出ます。

いつも思い出すのは、旅先で聞いた、
ある日本人のおじいさまの話。
どこか、北欧の空港だったということですが、
空港の出口で突っ立ったままひたすら
「ユースホステル!!」「ユースホステル!!」と
大音声でよばわり続けていたそうです。

きっとそのうち根負けした親切な現地の人が毎回
どこかのユースホステルに連れてってくれるんだろう、と
その話をしてくれた人が推察を付け加えて聞いた話。
迷惑千万なことですが
天晴れ、ある意味羨ましい。


a0042928_054611.jpg



鍵はかかっているようですが、
ドアを押すだけで開くものかもしれません。

自分の成長を待っていたら追いつかないことを
背伸びしてでもやってみれば
本当に困ることは意外にそんなにはないのです。

思い出すと地中深く穴を掘りたい恥は
やまほどかくけんども、
とりあえず、旅自体はできなくもない。


旅に出たいけどと思っている人は
旅に出よう。
という記事でした。
そういう主旨だったんだっけ?
書きながらなんかずれてきたような気がしますが

とりあえず、
では皆さま今日もお疲れ様でした。
by ichiecd | 2010-08-22 23:54 | carpe diem | Comments(0)
<< 日比谷パレス様の装花  夏の単発レッスン 生花のクラッ... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。