ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
ブーケ 純白のドレスに 東郷記念館さまへ
a0042928_231275.jpg


その純白のドレスを選んだのは、
実はご新郎様。

ドレスのお写真だけを拝見して、
ほとんどおまかせでオーダーをいただきました。
短いメールのやりとりでしたが、
お二人もご両親も自分で育てているほどお花が好きなこと、
ほんの少し何か挿し色があってもいいかなという新婦様のひとこと、
ドレスモチーフに大きなバラがあしらわれていたこと、
そして銀に近い純白のドレスであること、
いただいた手がかりを踏まえて作りましたブーケ。

こそっと聞いていただきたいのは
だからこのブーケは絶対ドレスに持ってるところのほうが
良さがわかると思うのですけど
とか自分で言うあたりすでにヤバくね?とも思うのですけど、
写真で伝えられないのは
ワタクシの不徳のいたすところでございます。


お届けしたときにご新郎様もご新婦様も
喜んでくださったそうで、よかったよかった。
だって絶対ドレスに似合うと思ったもん。子供か。

開き始めるバラはカルトブランシェ、
ひらりと花弁のフリルのあるのはトルコキキョウの八重です。
ここらへんはドレスモチーフと純白色にあわせて。

ほんの少し挿し色を務めたのは、ユカカップ。
主役級のバラなのに贅沢にも少しのぞかせるだけ。
いうならばキャビアがおしんこがわりとかそういうかんじ。

育てている花のひとつはランだと伺ったので、
白のデンファレを中央のポイントにしています。

それからこの季節の花で、スズランと、デルフィニウムと、
アストランティア。

アストランティアは、一本に5輪ついているうちの
一番純白なところを一輪だけ残して、
それをあしらっております。

わかったか生徒諸君。
(今日のレッスンでそういう講義をしましたので。
みなさんなかなか一輪には絞れない、捨てられないのです。
そうです、本当にもったいないですね。
しかしブーケは直径わずか20センチの世界。
その中に、たくさんの要素を詰め込むならば、
それは当然、一輪ずつが厳選されなければなりますまい。
・・・OK?

「センセのブーケが、いかに手間がかかってるか
今日、よくわかりました」
と最後にぽそっと言ってくださった生徒さんの言葉に
胸を張りたい気持ちです。
よくぞ言ってくださいました、そうですとも!)


では今日もお疲れ様でした。
しかし、実は絶不調でして。
いえ私ではなくこのPCが。
というわけで、7月11日の単発レッスンのお返事は
あと一日だけお待ちください、ごめんなさい!!!
by ichiecd | 2010-06-09 23:30 | ブーケ | Comments(2)
Commented at 2010-06-10 08:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-06-11 00:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 夏季集中レッスンについて ナチュラルクラッチセミキャスケ... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。