ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
オアシス社さんのパッケージデザイン 
a0042928_0144963.jpg



花の仕事をしていてとくになんの脈略もなくとりあえず
「オアシス」と言う場合、
いわゆる花を挿すための、緑色の吸水性のスポンジのことです。
オアシスといえば、緑色の花のスポンジ。それは
ウォークマンとかホッチキスとか、ある会社の商品名が
そのままその機能をもつ商品類を指すような事例に似ています。
実はオアシス社さんというメーカーが作る花用のスポンジのことです。

デザインさせていただいたその個包装のパッケージが
市場に出回るようになったので、ご紹介を。
このほかに「サハラ」(ドライ・プリザ用のスポンジ)の
個包装のデザインも担当させていただきました。
原型はこちら
こういう、デザインとしての仕事をさせていただいた時には
少しでも、売れるといいな。
と直球なことをいつも思います。

しかしそれがお金を払うに値するデザインであるはずで、
デザイナーを名乗りそのはしくれの自分は、
自分がお金をいただく時、それが単に花に対してなのか
自分のデザインに対してなのか、
後者ならその分の働きをしなければ。
と思うわけです。
そこらへん真面目に思うあたりが
A型ですとも。


さらに書き継ぐならば、こうした吸水性スポンジは、
この花の仕事には毎日欠かせない資材の筆頭であります。
これがなかったら、毎週のウエディングの仕事はお手上げです。
でもそんな資材でも、いやそんな資材だからこそ、
次世代の花の仕事という視点では
やはりリサイクルができること、とか
リユースができること、とかを、
あわせて考えていかなくてはなりますまい。

それはもとよりオアシス社さんのほうでも
御取り組みされていることでは
ありますが、
だから、オアシスをカットするときに

 無駄を出さない。

と、アシスタントさん&生徒さんに
ここであらためて、はっきり言い渡したい所存であります。
よござんすか?

 無駄を出さずに切り分ける仕事は
 美しい。すべからく、無駄がない所作は美しいのだ。

と、声を大にして主張したい所存であります。
つーか 無駄にすんな!


「目で見て、その必要な長さを割り出す」、
「手ではかって、必要な長さを切り出せる」

という、鍛錬を、ここで積むのだ!
OK?
血液型、関係ないから。

ちなみにもひとつ、オアシス社さんで発売されている
Dipという水揚げ用の液体。
これは、手先に傷を持っている場合、拷問か?というくらい
しみますけれども、かなり効きます。

花の水揚げをどうするか?という主題は、
おそらくはお風呂に入った時にどこから洗う?という問いににて、
長年の習慣は変えがたい。
でも今回、やっと試してみたところ、
今は一会ではほぼ100%Dipで水揚げするよになりました。
引き続き、まわしものか?というよな記事ですが
あの、そういうわけではないです。



では皆様今日もお疲れ様でした。
ありがとうございました。
by ichiecd | 2010-05-20 23:55 | carpe diem | Comments(0)
<< 新郎新婦様からのメール 春の花... クラウン アジサイの白 >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。