ウェディングの花の演出とブーケ。たった一日の花、でもいつまでも残る花を。
ホームページ : http://www.flowers-ichie.com/      お問い合わせ : info@flowers-ichie.com
information
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
ブーケ ラウンド 白の中に溶かす薄紫
a0042928_20392195.jpg


今日は、平日でしたが小さなウエディングがありまして
花冷えの一日でしたけれども
「一会による勝手に雨の日サービス」は
今日も実施させていただきました。

中央の少し小さめのバラは
例によって日本一の「スイートオールド(BYファインローズさん)」、
その上にある華奢な淡いピンクを帯びたバラは同じく日本一の
「Jーヒーリング(BYファインローズさん)」、
Jヒーリングなんてもう
どんなに気をつけていても翌日にはかすかな傷が出てしまうくらい
華奢な花弁で
ウエディング以外には使えないんじゃないかと疑問に思うくらい
繊細きわまりなくて、
でもこれが、

 生きている花の魅力。

・・・ていうかさー、
あんたら、ほんとは花じゃないでしょ!?
花のふりしたひよこでしょ!?
花のふりしてるけど、たまごでしょ!?

と、膝、つめよりたい!
小一時間ほど、問い詰めたい!
くーーーそのかわいいふりして華奢な花弁こそ、
きゃーーー。ですよ。
ずるすぎる!ですよ。
ありえねえ!ですよ。

と息をきらして演説したところで
やや我にかえりまして、

白の中にほんの少し、淡い紫を挿し色に。
というブーケでした。

ほんの少し紫がきつかったら、
品がなくなってしまう。
あるいはとても地味になってしまう、
さじ加減が難しい色あいです。

慎重に慎重にラベンダー色を加えていくのは
どこか試薬を使った科学実験にも似ています。
こういう難しい色のブーケは、前日におおよそを作っても
必ず朝日の中で再確認して仕上げるようにしています。

昔、ビーズ作りが趣味という方の話の中で、
色が微妙な作品の場合には
毎日同じ時間帯に作業するのだ、と聞いたときには、
いたく感心しましたが、
なるほど、こういうことなんだ、と思います。


では皆様今日もおつかれさまでした。
ありがとうございました。


過去の新婦様と新婦様の御母様からいただいた御礼のメール、
ためてしまっておりますが
写真と一緒に送ろうとか思うとこんなざまです。
本当にほんとうに嬉しいです。
なるべく早く!お返事差し上げます、
感謝の気持ちだけ先に・・・
by ichiecd | 2010-03-25 20:45 | ブーケ | Comments(1)
Commented at 2010-03-26 09:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 新郎新婦様からのメール 翌朝に  ブーケ クラッチ パルティーレ... >>


ウェディングの花
新郎新婦様からのメール
Pinterest /写真集
色別/アイテム別 索引
お問い合せについて
ウエディングの花について
+ブーケ価格について・
アクセサリのみのご注文


+会場装花の価格について

お問い合わせフォーム
*ブーケ・装花お問合せ


レッスンについて
++ブーケやご両親の花を
自分で手作りするレッスン

*月一定期レッスンのお問い合せ

*単発レッスンお申込み




*宅急便でお届けするプリザーブドフラワーお申込み

そのほかのお問い合せは
info@flowers-ichie.comまたは
03-3443-7122へ
12時~19時 原則無休ですが、
事務所のため不在にしている場合があります
検索
最新の記事
最新のコメント
ブログジャンル
copyright
Copyright©2003-2007 ichie All Rights Reserved.
このブログに掲載されている全ての画像・テキストその他を無断使用 (転用・転載等を含む)することをお断りします。